トクバイ テックブログ

株式会社トクバイの技術部メンバーが、テックについてワイワイ語ります。

Rails Developers Meetup(#railsdm)にてCTO前田が登壇します&スイーツスポンサーをします!

railsdm_logo

みなさんこんにちは! id:ar_tama です。プライベートでは日本もちもち協会の代表をしています。

さて、来る3/22~3/23の Rails Developers Meetup 2019 ですが、トクバイもスピーカー・スイーツスポンサーとして参加いたします🍡🍰

続きを読む

超速でABテストを回すモバイルアプリ開発 後編

f:id:hatuyuki4:20190319152932p:plain

こんにちは! @hatuyuki4です。普段はiOSアプリ開発をしているエンジニアです。豆乳が好きです。​

先週の前篇では、ABテストで検証を行うための仮説の立て方とサービスへの落とし込み方について書きました。

しかし高速で検証を行うためには、仮説を立てて機能を実装すればそれで終わりというわけではありません。
重要なのは、「適切に施策を振り返り、結果を分析し、どのように次に活かすのか」です。
今回は、「ABテストのリリース〜振り返り」のポイントについて書きたいと思います。

続きを読む

Google Beacon PlatformとNearby APIで柔軟で省エネなビーコン基盤を作る

f:id:chibatching:20190312174435j:plain

はじめまして、普段は技術部でAndroidエンジニアをしている千葉(@chibatching)です。 今回はトクバイでビーコンを使った施策を行った際に活用したGoogle Beacon Platformについて紹介したいと思います。

続きを読む

超速でABテストを回すモバイルアプリ開発 前篇

f:id:hatuyuki4:20190312154113p:plain

こんにちは! @hatuyuki4です。普段はiOSアプリ開発をしているエンジニアです。イカが好きです。

トクバイでは昨年、アプリの新規ユーザ定着率改善のために専用チームを作り、その中で積極的にABテストを使って検証を行ってきました。その中で重視していたのはスピード感です。

行った施策の数は3ヶ月の間に40以上!!

スピード感を出すためには、限られた時間で数多くの検証を行う必要があるのですが、闇雲にアイディアを募ってもすぐに枯渇してしまいますし、見当外れの施策を行ってしまう恐れもあります。そのため、スピード感を持って効果的な施策検証を回すためには以下のことが重要になってきます。

  1. 根拠のある仮説を立てる
  2. 仮説を施策としてアプリに落とし込む
  3. 検証結果を分析し、次の改善に役立てる

今回はこれらの中の(1)と(2)について、チームで行ってきたことを紹介します。

続きを読む

エンジニアドリブンでユーザー体験を約250%改善した話

f:id:nnnnn15z:20190308125320p:plain

こんにちは、技術部の@k0uhashi👻です。最近の休日の過ごし方はVRChatを朝から次の日の朝までやることです。一瞬で月曜日が来るのでオススメです。業務では主にトクバイiOSアプリの開発をしています。

トクバイAndroid/iOSアプリはおトクな体験をより身近にし、もっと買い物をかしこく、たのしくできるようにアップデートを日々重ねています。
みなさんは、サービス開発を進めるにあたってどんな施策をやっていますか?それってどうやって考えてますか?さらにはどうやって進めていますか?アプリの体験を良くするための施策を考える中で、アプリ内で提供するコンテンツを増やしたり、UIを変えてA/BテストしてよりよいUIに変えるーーー。といった目で見てわかりやすい変化をつけることに目を向けがちですが、それ以外にも体験を良くする方法ってたくさんあるはずです。例えば、次のようなものとか。

  • 読み込み待ち時間を短縮
    • ネットワークパフォーマンス改善
  • ぬるぬる動くUIにする
    • UIパフォーマンス改善
  • 初回起動時間の短縮
    • 初回起動処理のパフォーマンス改善
  • etc...

しかし、これらの改善は完全に技術的な要件で、エンジニア以外に改善を提案するのって難しいと思います。
そこで、トクバイのアプリチームではエンジニアから改善を提案し2ヶ月程掛けてアプリを改善していきました。今回はその改善する中でどのように進めたか?どんな結果が出たか?をお話していこうと思います。

続きを読む

誰もが幸福になる成功指標のつかいかた

 技術部の根岸(@negipo)です。おもにトクバイのウェブサービスを触っています。昨日の夜は一晩中イソギンチャクが泳ぐ動画を眺めて過ごしていました。

 みなさん、サービス開発やってますか? ぼくはやってます。きわめて困難なことばかりでおもしろいですよね。ぼくはいつのまにか困難なことにめちゃくちゃなおもしろみを感じるようになってしまいました。たとえば成功指標の取扱いなんてわりとむずかしいのでおもしろいです。

「私たちはサービス全体のPVに対して責任を持っています」

「そうですね」

「今回の施策はサービス全体のPVを向上させるものです」

「わかりました。やってみました」

「よくわかりませんでしたね。PV、あんまり上がらなかったし」

「はい」

 こういうこと、ありませんか? そんなことはないですか? あなたが一番最近やった施策ではどうでしたか? 「出したら前よりよくなるのが自明だから成功指標を立てなかった」みたいなことになってませんか?

 ぼくは成功指標にはふたつの役割が与えられていると考えています。

  • 成功の定義付けをし、共通認識をつくる。
  • 成功したかどうかを判断する。

 この記事では上記それぞれの観点で、ぼくが最近やった施策ではどういうふうに指標がつかわれたのかを紹介します。みなさんがサービス開発をする上で成功指標をどのように取り扱うとよりよくなるのかを考える一助になれば幸いです。

続きを読む